「御代田町への移住から定住」まで「みよたまっち」がワンストップでサポートします

みよたまっちが提供するこれまでにありそうでなかった移住に関する面倒な事を軽減させるサービス『御代田町 移住・定住ワンストップサービス』が誕生しました。移住先選びのイベントから始まり現地体験、資金相談、物件選び、自宅売却、申請業務のサポートなどを支援します。

  • HOME
  • 御代田町 移住・定住ワンストップサービス

ありそうでない?!本当に助かる『移住検討から定住まで』のワンストップサービス

一般的な移住ワンストップサービスの弱点

「移住ワンストップサービス」といえば「空き家を紹介します」「不動産業者や金融機関を紹介します」「移住した先輩に話を聞けます」といったような、町の役所の窓口やNPOが移住希望者の話を伺いながら必要な業者や機関などを紹介するというのが一般的ですね。町の移住を促進する行政窓口が音頭を取っているので移住先の事を知るには最適だと思います。

しかし、資金の相談、土地建物の登記や売買契約、補助金などの各種制度への申請アドバイスなど、ファイナンシャル面でのサポートはほとんど行われていません。また、今住んでいるマンションなど旧居の売却や不要になる家財の処分などは、距離があるためフォローしてもらえません。

移住先のリアルな情報は手に入り、意思決定の大きな補助にはなりますが、いざ移住するとなると後は移住者の方が自分でいろいろと面倒な事を進めていかなければなりません。さらに移住から定住までのプロセスにプロの専門家がほとんど介在していないのも不安要素です。

一般的には、移住を完遂するには5〜6社との折衝が必要

移住で最も大変で面倒なことをサポート

移住でも特に見知らぬ地域に移り住む「Iターン」や「Jターン」の場合、Uターン移住のような勝手知ったる地域への移住ではないので、問題なくスマートに移住を完遂するのは至難の業です。面倒で煩雑な手続きやタスクに忙殺されて大事なことを見落としてしまい、金銭的な損害や地域との軋轢を生んでしまうことだけは、避けたいところです。

これらの移住リスクをできるだけ軽減し、移住を成功させるために誕生したのが、みよたまっちが提供する『御代田町 移住・定住ワンストップサービス』です。

プロの専門家がサポートする『御代田町 移住・定住ワンストップサービス』とは

みよたまっちがプロデュースする『御代田町 移住・定住ワンストップサービス』は、御代田町地域創生オウンドメディア「みよたまっち」を運営する株式会社アイテム(本社:兵庫県、事業所:東京都千代田区、長野県北佐久郡御代田町)、「保険代理店業務、不動産仲介業務、金融コンサルティング」を行う株式会社あおばコンサルティング(東京都千代田区)、代表が移住者で「御代田町の土地建物の仲介業務」を行う合同会社みよたの不動産(御代田町)といった3つの会社の提携で誕生した新しい移住・定住ワンストップサービスです。

このサービスの最も大きな特長は、地域間をまたいだ移住支援と移住サービスの専門家、ファイナンシャルプランナーや宅建士といったプロの資格を持つスタッフがサポートするサービスであるという点です。

みよたまっちが提供する『御代田町 移住・定住ワンストップサービス』概要

上図をご覧頂いてもわかるように、住宅購入を前提とする移住というのは、今住んでいる所と移住先の地域を跨ぎ、複数の業者とさまざまな交渉を進めていかなくてはいけません。交渉する各業者は、自分たちのサービス提供の範囲内でしか対応できないため、滞りなく移住を進めていくには、移住するご家族に大きな負荷とストレスがかかってきます。

『御代田町 移住・定住ワンストップサービス』は、その負荷やストレスを軽減しスマートな移住を可能にします。

東京に『移住相談窓口』を設置

都内近郊から長野県の軽井沢町や御代田町へは、新幹線で70分〜120分、車で2〜3時間を要します。現地に視察に行くのは大変ですので、御代田町近郊への移住にふんわりと興味を持たれたら、まずは、東京の窓口(あおばコンサルティング)にお越し下さい。

御代田町での暮らしや学校教育、住環境などの情報を提供させていただきます。場所は、JR水道橋駅西口改札より徒歩1分。移住に関する気になる点があれば、お気軽にお尋ねください。(ビデオ会議、オンラインチャットでも対応可能です)

また、銀座NAGANOなど都内で行われる東信エリアの移住イベントやセミナーのご案内、現地を安心して視察できる移住体験施設クラスベッソ西軽井沢や一般の宿泊施設へのアテンドなども行っておりますので、安心して御代田町へ視察にお越し下さい。

移住の資金相談も東京で

移住先候補である御代田町のリゾート風景、自然豊かで暮らしやすい環境での夢のような体験から一転、移住先での仕事や住まいをどうするかなど、特に金銭面での現実的な問題が浮かび上がってきます。

移住先での土地建物を購入する際、資金繰りや住宅ローン、自宅の売却といったファイナンシャルに関する事項も「あおばコンサルティング」が担当させていただきます。

一級FP技能士と宅建士の資格を有する不動産投資や購入に明るい専門のスタッフが、対面だけでなくビデオ会議やオンラインチャットで資金繰りに関する相談を承ります。

また、移住後から新たに始まる生活を安定させるための資金シミュレーションのアウトプットも提供しています。(一部有料)

移住後の資金シミュレーション例

現地でもオンラインデモ御代田町の魅力的な土地建物をご紹介

資金繰りなどの問題を解決しつつ、移住候補地での物件探しも同時に進めていく必要があります。東京から御代田町に家族で移住してきた女性(宅建士)が代表を務める「みよたの不動産」が、移住者のそれぞれの生活スタイルに見合った土地や建物を仲介します。

また、賃貸で現地に住みつつじっくり土地や家探しをしたい方には、賃貸住宅の仲介も行っています。

売買でも賃貸でも、物件の内見はSkypeを使ったオンライン見学が可能ですので、お家のリビングから気軽に希望の物件探しができます。。

移住先を決めつつ旧居(自宅マンションなど)の売却・運用

移住先での住まいが決まれば、あとは今住んでいる不動産の売却や運用です。査定手続きも賃貸運用を行うにも一般的には、在住地の不動産業者を探して依頼・交渉する必要がありますが、『御代田町 移住・定住ワンストップサービス』なら、資金繰り等の相談窓口であった「あおばコンサルティング」がその任を承ることができます。

一級FP技能士と宅建士の有資格者がいる同社の強みがここで発揮されます。

例えば、自己所有のマンションを売却する際には、さまざまな税金がかかってきます。その税金の金額は、売却するタイミングによって倍近い差が出てきたり、キチンと申請すれば免除対象になる場合もあります。

また、移住先での住宅購入するなら買換え特例の適用もあり得ます。一般的な不動産業者は税金面のフォローは専門外ですが、『御代田町 移住・定住ワンストップサービス』は、不動産売却に関連する申請業務等もしっかりとサポートいたします。

不動産売却にはさまざまな税金や申請業務がある

自宅売却や賃貸運用などを前提とした「税金問題の対応」や「資金繰り計画」なども『東京の窓口』で完了しますので、時間と手間を大幅に削減できます。

新居の登記や補助金などの申請業務をサポート

新居も決まり移住も最終段階に近づいてきました。しかし、まだまだ油断はできません。住宅購入に際し、さまざまな申請業務が発生します。これらの大半は、ハウスメーカーや住宅ローンを組んだ銀行から紹介された司法書士が担当しますが、県や自治体独自に制定している補助金や税の軽減措置の申請などは、移住者自ら手続きを行わなければなりません。

例えば、住宅の不動産登記に係る登録免許税の軽減措置を受けるには、移住先の自治体が発行する『住宅用家屋証明書』が必要です。しかし、自治体によっては、証明書を出す住宅地の住所に住民票がないと発行してもらえないケースがあります。

移住してその建物に住む前の契約段階でこの証明書が必要になるにも関わらず、原則、移住者はこの証明書を発行してもらえません。

これについては、別途申立書を作成して証明書発行の手続きを行う必要がありますが、決められた書式もありませんし、自治体はそこまで丁寧に説明してくれません。それ故に見落としている場合が多いようです。

この軽減措置を受ければ、新築なら数万円、中古住宅なら数十万円の節約になります。このような申請漏れ等のうっかりがないように「みよたの不動産」がサポートします。

また、新居の火災保険の加入や移住後の生活スタイルが変わることによる保険の見直しなどについては、「あおばコンサルティング」がサポートします。移住に関わる土地建物の取得で大きなお金が動きますが、移住後も生活は続いていきます。

『御代田町 移住・定住ワンストップサービス』は、その名の通り、定住後の生活の安定についてもファイナンシャル面でサポートすることを念頭に置いたサービスなのです。

定住を成功させるための地域コミュニティへの参加支援

移住成功の鍵を握っているのは、移住地の地域社会にスムーズに参加できるか否かです。地方は、都会のように隣に誰が住んでいるかわからないといったプライバシー感覚は存在しません。

例えば、御代田町は、19の「区」に分かれています。

軽井沢の西隣に位置する御代田町は19の自治区があります

一般的には、住んでいるエリアの自治会に入会し、区の自治活動に参加して地域に馴染んでいくのですが、それ以外でも御代田町のキーマンになる方達は、移住者の方にとても親切に接してくれます。

そういった方々のサポートを受けながら、新天地での生活を充実させていくことができるようになります。

『御代田町 移住・定住ワンストップサービス』は、地域のキーマンの方への紹介やコミュニティへの参加などについてもサポートします。

「土地を買ってもらえたら、家を建てたらおわり」ではなく、御代田町での移住後の生活で遭遇するさまざまな問題に対して、できる限りの解決支援策を提供させていただきます。

御代田町 移住・定住ワンストップサービスの利用料金

移住体験から資金の相談、物件の仲介、申請業務のサポートなど、移住前から定住するまでワンストップでサポートする『御代田町 移住・定住ワンストップサービス』は、一定の条件を満たせば実質無料でご利用頂けます。

サービス基本料金:48,000円(税別)※
※みよたの不動産の仲介で物件を購入いただくか、あおばコンサルティングの仲介で自宅を売却された場合は、仲介手数料からサービス基本料金(48,000円)を割引いたします。

御代田町
移住・定住ワンストップサービス
お問い合わせ/お申し込み

【移住・定住ワンストップサービスのお問い合せ】
お問い合わせ
【移住・定住ワンストップサービスのお申し込み】
お申し込み

移住体験施設「クラスベッソ西軽井沢」の体験宿泊を特別料金でご案内

『御代田町 移住・定住ワンストップサービス』にお申し込みいただいた方は、御代田町駅から徒歩でいける住宅展示場を兼ねた移住体験施設「クラスベッソ西軽井沢」の体験宿泊料金を特別価格でご案内させていただきます。

「みよたまっち」がお客様のご要望や希望日程を伺いながら宿泊予約を行います。

『クラスベッソ西軽井沢』とは

御代田町の移住体験施設「クラスベッソ西軽井沢」は、一般的な現地で実際に寝泊まりできる施設とは一味違います。

施設は、地元の建設会社を中心に出展している5棟のモデルハウスで構成されています。宿泊客は、5棟のモデルハウスの中から好みの建物を選んで体験宿泊ができます。

建物はすべて30坪程度という一般的な大きさ。御代田町でのリアルな暮らしをクラスベッソ西軽井沢で体験することができます。

5棟のモデルハウスが宿泊施設のクラスベッソ西軽井沢

御代田町
移住・定住ワンストップサービス
お問い合わせ/お申し込み

【移住・定住ワンストップサービスのお問い合せ】
お問い合わせ
【移住・定住ワンストップサービスのお申し込み】
お申し込み

※御代田町 移住・定住ワンストップサービスは、主に長野県北佐久郡御代田町への移住を検討されている方向けのサービスですが、近隣の軽井沢町、小諸市、佐久市、東御市といった東信エリアへの移住をお考えの方も対象となります。